地盤品質判定士協議会 事務局
  • お問い合わせ
  • 入局案内

月別アーカイブ : 2021年11月

【終了・2021年12月17日】宅地地盤の評価に関する最近の知見講習会・(一社)地盤品質判定士会共催

21.11.25 カテゴリー:講習会

2021年度第1回 宅地地盤の評価に関する最近の知見講習会『宅地地盤の地震時液状化被害と対策』

 
共催:公益社団法人地盤工学会/一般社団法人地盤品質判定士会
後援予定:公益社団法人土木学会/一般社団法人日本建築学会/一般社団法人全国地質調査業協会連合会/一般社団法人建設コンサルタンツ協会/NPO住宅地盤品質協会/一般社団法人全国土木施工管理技士会連合会/一般社団法人地盤保証検査協会/公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会/一般社団法人全国住宅技術品質協会

 2011年3月の東日本大震災や2016年4月の熊本地震,2018年9月の北海道胆振東部地震では,液状化や盛土・擁壁・斜面崩壊などで,2014年8月の広島豪雨災害,2018年7月の西日本豪雨災害,2019年台風19号,2020年7月豪雨,2021年7月に熱海市伊豆山で発生した土石流等において宅地が大きな被害を受けました。
 これらの地盤災害を契機として,宅地地盤の周辺地形地質環境を含めた地盤の安定性と地盤リスクを適切に評価することの重要性が再認識されています。宅地地盤の状況を,限られた情報の中で的確に把握・評価するためには,携わる技術者が地盤工学に関する高度な専門知識と技術者倫理を有するだけでなく,常に新しい知見を得る必要があります。
 そこで,公益社団法人 地盤工学会では,2021年度第1回宅地地盤の評価に関する最近の知見講習会『宅地地盤の地震被害と対策』を企画いたしました。
 なお,本講習会はZoomウェビナーによるオンラインでの配信で行います。勤務先もしくは自宅からのご視聴となります。奮って御参加ください。
G-CPDポイント:5.5
日 時:2021年 12月 17日(金) 9:50~17:00
会 費:会員 9,000円 非会員13,000円 学生会員3,000円(消費税を含む)
注:会員には,地盤工学会員,地盤品質判定士(補),後援団体所属を含む

詳しくは(公社)地盤工学会の講習会案内ページへ

https://www.jiban.or.jp/?page_id=10094

【2022年1月29日】2021年度地盤品質セミナー・(一社)地盤品質判定士会主催

21.11.24 カテゴリー:お知らせ,講習会

地盤品質セミナーは,2012年度に開催されて以来,今年度で10回目の開催となります。

近年,一般市民から地盤品質判定士への相談は増加してきており,2019年9月~2021年8月の2年間では100件の相談が判定士会のホームページ等に寄せられております。
相談内容も多岐にわたっており,宅地購入予定,セカンドオピニオンなどの相談の他,擁壁の変状,崖・斜面の崩壊,不同沈下,陥没,地震動災害など宅地地盤の変状に加え,地盤に起因する建築紛争(言い換えれば宅地地盤の変状に関する紛争)などに地盤品質判定士の関わることも増えてきております。

このような状況を踏まえ,宅地地盤の変状に関する調査と対策についての現状について今までの活動実績を知ってもらい,地盤品質判定士の更なる活動へとつなげるセミナーにしたいと思っております。

宅地地盤の変状・対策に関するQ&Aもあり,宅地地盤に関わる技術者にとって有益なセミナーとなることと思いますので,是非,みなさん,お誘い合わせの上、「2021年度地盤品質セミナー」への参加をお願いします。

 

詳細は下記をご覧ください。

https://hanteishi.org/post-3502/

【2022年2月14日】令和3年度地盤工学セミナー・(一社)地盤品質判定士会後援

21.11.24 カテゴリー:お知らせ,講習会

令和3年度 地盤工学セミナー「斜面災害と法・訴訟等の社会システム」

 
主    催: (公社)土木学会 地盤工学委員会
後援(予定): (公社)地盤工学会,(一社)地盤品質判定士会
日    時: 2022年2月14日 13:00~17:00
場    所: (公社)土木学会講堂(東京都新宿区四谷一丁目外濠公園内)
定    員: 対面 50名,Zoom 100名
参 加 費 : 主催・後援団体会員 3,000円,その他 4,000円,学生:1500円
書籍「知っておきたい斜面のはなしQ&A②-斜面の災害に備える―」(2022年1月末発売予定)込みの価格です。

 
詳しくは(公社)土木学会の講習会案内ページへ
https://committees.jsce.or.jp/jiban/node/61